3. ティートリー油の主成分と脂肪酸の併用は、強い治療効果を発揮する

2013-8-22 16:12 投稿者:  monjyu
 ティートリー油の主成分テルピネン-4-オール(T-4-ol)と乾燥ドクダミなどに含まれる中鎖脂肪酸のカプリン酸を併用すると、マウス口腔カンジダ症に対しより強い治療効果を発揮する事が明らかになりました。
 In vitroでT-4-olがC.albicansの菌糸形発育に与える影響を調べたところ、培養から4時間の時点でカプリン酸よりも強く菌糸の伸長を抑制しました(図5.)。また、両者を組み合わせると、菌糸形発育阻止作用は相乗的に発揮されることが明らかになりました。
 両者の組み合わせを、アゾール系抗真菌薬耐性Candida albicansによるマウス口腔カンジダ症モデルに投与したところ、単剤よりも強い治療効果を示し、舌症状の改善および口腔内のCandida数を減少させることがわかりました(図6.)。
Ninomiya K, Hayama K, Ishijima S, Takahashi M, Kurihara J, Abe S. Effects of inhibitory activity on mycelial growth of Candida albicans and therapy for murine oral candidiasis by the combined use of terpinen-4-ol and a middle-chain fatty acid, capric acid
Ninomiya K, Hayama K, Ishijima S, Takahashi M, Kurihara J, Abe S. Effects of inhibitory activity on mycelial growth of Candida albicans and therapy for murine oral candidiasis by the combined use of terpinen-4-ol and a middle-chain fatty acid, capric acid