呼吸器感染症を引き起す病原性細菌に対する植物精油の効果

2013-10-17 15:39 管理者:  monjyu
 最近の基礎研究によって、各種の病原性細菌に対する植物精油の抗菌作用が次々に明らかになっています。  
 タイム、桂皮、レモングラス、紫蘇葉、ペパーミントの精油は、いずれもインフルエンザ菌、肺炎球菌、A群溶連菌に対し強い抗菌性を発揮しました。  
 ギンバノコギリソウ(Achillea clavennae)の精油は、肺炎桿菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、緑膿菌に対し強い抗菌性を発揮しました。  
 タイム属(T.magnus)の精油は、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、ネズミチフス菌に対し強い抗菌性を発揮しました。  
 シナモンおよびタイムの精油は、いずれも溶連菌、肺炎球菌、肺炎桿菌に対し強い抗菌性を発揮し、クローブの精油もそれらに次いで強い効果を発揮しました。   ユーカリ属(E.globules)の精油は、溶連菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、パラインフルエンザ菌、肺炎桿菌、ステノトロフォモナス・マルトフィラに抗菌性を発揮し、別のユーカリ属(E.odorata)の精油も、インフルエンザ菌、肺炎球菌、溶連菌、黄色ブドウ球菌に対し強い抗菌性を発揮しました。  
 インフルエンザ菌や溶連菌は、細菌性咽頭炎の主要な病原性細菌で、とくに後者のケースは注意が必要です。肺炎球菌やインフルエンザ菌は、細菌性気管支炎や肺炎の主要な病原性細菌で、とくに高齢者が発症した場合は注意が必要です。黄色ブドウ球菌も肺炎を引き起します。  
 気管支炎や肺炎などの初発感染は大部分がウイルス性で、細菌性の多くはその二次感染として発症します。たとえば風邪はウイルス性ですが、通常その症状は3〜4日で治まります。それ以上経っても症状の改善が認められない場合は、細菌性の二次感染を起こしている可能性があります。  
 細菌性の感染症治療の基本は抗生物質ですが、今後の応用研究の進展によっては植物精油が補助的な療法として普及することが期待されます。とくに呼吸器感染症の場合は、植物精油は揮発性という特徴があり、吸引することによって有効成分を直接患部に到達させることが可能となります。( by Takky )
 

.
参考文献
1)Inoue S, Yamaguchi H, Takizawa T. : Screening of the antibacterial effects of a variety of essential oils on respiratory tract pathogens, using a modified dilution assay method. J Infect Chemother. 2001 Dec;7(4):251-4

2)Skocibusi M, Bezic N, Dunkic V, Radonic A. : Antibacterial activity of Achillea clavennae essential oil against respiratory tract pathogens. Fitoterapia. 2004 Dec;75(7-8):733-6

3)Shin S, Kim JH. : In vitro inhibitory activities of essential oils from two Korean thymus species against antibiotic-resistant pathogens. Arch Pharm Res. 2005 Aug;28(8):897-901  

4)Fabio A, Cermelli C, Fabio G, Nicoletti P, Quaglio P. Screening of the antibacterial effects of a variety of essential oils on microorganisms responsible for respiratory infections. Phytother Res. 2007 Apr;21(4):374-7

5)Cermelli C, Fabio A, Fabio G, Quaglio P. Effect of eucalyptus oil on respiratory bacteria and viruses. Curr Microbiol. 2008 Jan;56(1):89-92. Epub 2007 Oct 31

6)Elaissi A, et al. Chemical composition of 8 eucalyptus species’ essential oils and the evaluation of their antibacterial, antifungal and antiviral activities. BMC Complement Altern Med. 2012 Jun 28;12:81. Doi:10.1186/1472-6882-12-81
Thymus quinquecostatus
Thymus quinquecostatus